Made daily life|vol.2 浴室改装工事

水口です。
今回のオーダーは浴室を改装工事です。新築してから約10年以上たち水漏れをしてしまっている浴室です。
タイルにはクラックが入り、各部シールは剥がれてしまっている箇所ちらほらありました。
本来はタイルの下にも防水されているハズなので、タイル目地のクラックやシール剥がれ程度では水漏れはしないはずなのですが。。。
シャワーを使うと水漏れするという内容でした。
戸建住宅・在来工法の3F浴室です。

水漏れしてしまった浴室工事は本来一度防水層までタイルをはがし、防水をやり直し、またタイル仕上げをします。
コストもかなり上がります。
ですが今回はモールテックスを提案しました。意匠性とコストダウン、防水性能、余計な産廃が出ない、環境にやさしいい、工期が短いからです。工期は養生期間入れて6日です。
住みながらの改修工事は、できるだけ納期を短くすることを心がけています。家が落ち着かなくなるのはいやですからね!

180212 mortexbathroom_h_a_01_5既存の浴室、壁面や床面のタイルは壊さずその上からモールテックスを施工しています。塗りの厚みは4mmなので既存の水栓や排水をいじらなくて済みます。これも工期短縮のポイントです。
防水性を持たせるには3層塗りになってます。そして下地がタイルなのでグラスファイバーのネットを1層目に入れてます。これがポイントです。ネットを入れることによってクラックに格段に強くなります。他にも沢山のノウハウが有りますが大分専門的になるのでやめときます。聞きたい方は仕事依頼してください(笑)


施工前はこちら。


一層目なんでネットが入ってるの見えますか?180212 tplaster_1
塗っているのはスタッフのまさやです!
仕事に対する姿勢がとても研究熱心です。彼も左官を愛しています。
ティープラスターに来た当初はど素人でしたが、今はいい仕事をします。
彼と一緒に現場に行くときの移動時間は最初から最後まで左官について語っています。
空間を作るにあたって壁の仕上げは非常に大事なので、日々表現の可能性について話します。

今回は左官の話でした。

▼インスタグラム更新しています


Share